ウォーターサーバーの事をもっと知りたい!

ウォーターサーバーは今や日本で多くの人に親しまれているものですが
その歴史はどうなっているのでしょうか。
そして、そもそもどんな特徴を兼ね備えているのかということを見ていきます。

始めてウォーターサーバーの事を知る人にも参考にしてもらえたらと思います。

ウォーターサーバーの歴史について知る

その歴史は意外に古く、始まりは100年以上前のアメリカです。
日本のように湧水や井戸はそこかしこに点在していなかったため
土地自体に湧いて出る水は少なかったのです。

当時のアメリカにとっては、安全な水というものが非常に貴重なものでした。

そこで、安心して水を飲むために誕生したのがろ過装置がついたウォーターサーバーでした。
主に水道が通っていない地域を中心にしてウォーターサーバーは浸透していったのです。

その後に日本にも広がるわけですが、入ってきたのは高度経済成長期が安定してきた折でした。
1980年代ごろに企業向けとして広がっていったのです。

それから家庭での使用が本格化してきたのは、2011年の東日本大震災の時からです。
放射性物質が漏れ出す事件が起こり、安全な水を求めて放射性物質がない水という事でウォーターサーバーが適していたからです。

特徴について

その特徴については、何といっても安心して水が飲めるということです。
届けられる水は、各社で検査方法などの違いはあるものの、厳しい取り決めのもと検査を通った水だけとなっているので
安全性を兼ね備えており、それは同時に信頼があることにもつながります。

厚生労働省や国際規格の認証などがありますが、中にはサーバーにクリーンシステムを導入したりして
家庭でいつも清潔な状態で水を飲めるように工夫をしています。

また、放射性物質についてはホームページ上に過年度に渡り検査結果を公表している会社も多数あり、安全な水という位置は揺らぐことがありません。

古い歴史をもつものですが、その安全な水を届けるという理念は昔から変わっていません。

知っていますか?ウォーターサーバーはいろんなことに使えます

ウォーターサーバーは飲用はもちろんですが、他のことにも多数使えます。
安心して飲めるだけじゃなくて、日々の生活の中にも役立つ利用法があるのです。

まだ、使っていない人や使い始めたばかりの人に紹介していきます。

ウォーターサーバーのいろんな使い方

ウォーターサーバーは電気によって、冷水と温水を出すことができます。
夏場の暑い時に冷やすことなく冷たい水を飲むことができますし、冬場の寒い時期に沸かすことなく
白湯やお茶、コーヒーを飲むことができます。

そしてコーヒーには、酸味が強いのが好きな方には硬度60未満の軟水がおすすめです。
軟水は苦みを抑え、まろやかにする働きがあるからです。
反対に苦みのあるコーヒーが好きな人は硬度120以上の硬水がおすすめです。

水のアレンジもできます。
水に様々な野菜や果物、ハーブなどを漬け込むことで風味を持たせたフレーバーウォーターも作れます。
水自体が新鮮なため、より味わい深いものになります。

安全であり、カルキなどの雑味のないウォーターサーバーは、よりコーヒーの味を引き立ててくれます。

また、お酒が好きな人はウイスキーや日本酒をある時にも使えます。
水道水の雑味でお酒の味が変わるから、毎回水を購入している人にはおすすめします。
味も良いですが、お湯もすぐに使えるのでお湯割りにもできます。

更に料理にも使えます。
軟水の水はお米を炊く時にもピッタリなので、水道水とは違ったおいしさを家庭でいつでも手軽に食べることができます。

スープやみそ汁にも使え、お湯を沸かす手間も省けるので、時間短縮になり
おいしい水で作ることにより、さらに味の違いを実感できると思います。

緊急時に備えて

ウォーターサーバーは備蓄水としても役に立ちます。
電気が止まってしまっても、ボトルのまま水が出せるので安心して水の備えができます。

また、毎回ボトルの交換を行っていますので、常に新鮮な水を飲むことができる点も魅力です。
1人暮らしであまり水を使わない人でも、いざという時に備えて少し多めに注文しておくのも良いかもしれません。