人気の原水、富士の湧水

ウォーターサーバーでは、取り扱っている天然水の原水自体は同じところを使っているというところが結構多いんですね。
会社は違うけど、原水自体は同じというところが割とあるのですがその中でも、人気の原水である天然水の名前を冠している富士の湧水というウォーターサーバーについての詳細を解説しましょう。

■かかる代金
富士の湧水では、天然水のとりあ図解をしており12リットルのパックを月に2本から注文することで3290円という値段設定になっています。
天然水のペットボトル1リットル当たりの代金は166円になっているのですが、水の注文代金だけを見ると実はかなり安くなっているのです。
ただし、富士の湧水はウォーターサーバーのレンタル代金がかなり高く1543円が月々かかってくる物となっているんです。
ただし、北海道のみは1028円と全国に比べると安く設定されていますね。
メンテナンス料金は完全無料となっています。

■配達地域
沖縄や離島を除いた全国が配達地域になっており、配達地域はすべて送料が無料の設定になっています。

■特徴
天然水の中でも、ウォーターサーバーが各社で取り扱っている人気の富士の湧水という名前の通り富士の山麓の地下水をつかっています。
今、注目を受けているミネラル成分であるバナジウムが含まれている水をつかっておりまろやかな飲み口が特徴の美味しい軟水を取り扱っているところが特徴的ですね。
また、2012年にモンドセレクションで金賞を取るなどその品質レベルの高さはしっかりとした実績に裏打ちされています。
ウォーターサーバーのレンタル料金はかなり高めになっているのですが宅配業者と水の定期購入、そしてクレジットカード支払いという条件下では実はウォーターサーバーのレンタル料金が無料になるキャンペーンがありますので、実はこのネックである高額なウォーターサーバーのレンタル料金自体はなくすことができる設定となっているのです。

■まとめ
富士の湧水は、天然水飲みを使っているのですがウォーターサーバー自体の機能が少し便利なものになっています。
温度が何と4段階で調節することができるようになっておりそれぞれ高温、温水、弱冷、冷水モードに分かれておりそれぞれの用途に応じて使い分けることができて、適温での使用がすぐにできるという特徴があるんですね。
その代わり、定期購入を使わないとレンタル代金がかなり高いというデメリットもあるのです。

関連記事