ウォーターサーバーで美味しい料理

飲み物や料理に使う水にこだわってみる。ウィスキーの水割りをミネラルウォーターで飲んでみる。そこまでしなくても、なんて思うかもしれませんが
お水にこだわることは、健康と美容に良い影響があるのです。

軟水と硬水
水に含まれるミネラル成分の含有量によって分けられています。ミネラルが多いほうが硬水、少ないほうが軟水です。水の硬さとよく表現されますが、この硬さが
料理の仕上がりに関係してきます。例えば、ご飯をふっくらと仕上げたいなら軟水。煮物料理も柔らかく仕上がります。ピラフなどご飯をパラパラに仕上げたいときは硬水。
パスタを茹でるとき硬水を使うと、コシがあり歯ごたえのある麺になります。

水道水とミネラルウォーター
日本の水道水は安全だといわれますから、飲んだり、料理に使うことに問題はありません。料理や飲み物に影響があるのは、殺菌消毒のために使われている残留塩素による
カルキ臭です。ご飯の仕上がりに少なからず影響があるかもしれません。ミネラルウォーターは今は簡単に手に入りますから、飲み水はミネラルウォーターにしている方も
いらっしゃると思います。味と料理の仕上がりは違うのはわかるけれど、購入したペットボトルで料理をするのは、いささかもったいない気もします。
経済的なこともありますし、何といっても買いに行く手間がかかります。そこで、あったら便利なのが、家庭用のウォーターサーバーではないでしょうか。

天然のミネラルウォーター
料理に使うこともそうですが、ミネラルウォーターはお肌にも良い作用があります。肌への刺激が少なく、肌のタイプを選びません。スキンケアとして選ぶなら
軟水です。刺激が少なく肌にたっぷりと水分を含ませることができます。直接手でパシャパシャやるよりも、コットンに含ませてじっくりと浸透させるほうが、保湿になり
効果があります。
新鮮な水であることが好ましいので、新鮮さを保てるものだと安心して使えます。最近では一人暮らしようのウォーターサーバーも販売されています。

手軽になったウォーターサーバー
業務用か家庭用の場所をとるイメージがあるウォーターサーバーですが、超小型のタイプがフレシャスのサーバーです。パックも軽量でお年寄りや女性も簡単にセットできるようです。
手軽になったサーバーを使って、美味しい食生活と美肌を手に入れてはどうでしょうか。

ウォーターサーバーで健康作り
人の体は60%は水でできていて、体重の2%の水分を失うと、脱水症状になるほど、水は私たちの生命の密接に関係しています。
そして、年齢とともにのどの渇きを感じるのが遅くなっているのだそう。大人は、「のどが渇いた」と思う前に水分補給が必要なようです。

健康と水の関係
水の役割はたくさんあります。体内に水を取り入れることで汗をかいて体温調節をすること。体に入ったカフェイン、アルコールを分解したものを尿・便として
体外へ排出するのを助ける。二日酔いのときにはたくさん水を飲むことで症状が和らぐことは体験済みの方も多いと思います。
あとは、腸の働きを活発にして、排便を促す作用もあります。そして、必要な栄養を体内に行巡らせるのも、水分の重要な役割です。
水は健康な体つくりには欠かせないものだということがわかります。

水の安全性
毎日飲むものだし、健康を意識すると安全な水であることにこだわりが出てきます。ウォーターサーバーは以前は店舗などに置く業務用が主でしたが、
最近は家庭で使えるサーバーが開発されていています。家庭用のウォーターサーバーの利点は水を買いに行かなくてもいいということ、水の種類も効果に合わせて選べること、
たっぷり使えるので、料理などにもりようできる点でしょうか。
料理には使う水によって「味」に影響があるといわれます。ご飯は、お米は乾燥して保存されているため、水をよく吸収するので、匂いがあると一緒に吸収されてしまいます。
お米本来の感触を味わうのに、香りのない水を選ぶことが大切化もしれません。
ペットボトルだと、使うのがもったいないような気がしてしまいますが、ウォーターサーバーがあれば、便利ですね。

水の種類
水の特徴によって体への効果もそれぞれあります。よく耳にするのがミネラルウオーターですね。ミネラルが溶け込んだ地下水をミネラルウオーターといいます。
文字通りミネラル成分が含まれていて、ナトリウムやマグネシウム・カルシウム・カリウムなどです。体内で作ることができない成分もあるので、貴重な成分です。
その他にシリカ水は血管をきれいにする作用があるとされています。それぞれの成分を知っておくのも効果的な使い方です。

まとめ
味や成分など選べるウォーターサーバーとしてダスキンのサーバーは4つの採水地から選べるようになっているので、充実しています。
健康・美容面に良い効果が期待できる水を安心して、たっぷりと飲むには、自宅にサーバーがあるのがよいかもしれませんね。

関連記事