うるのんのちょっと違った企業戦略

ウォーターサーバーのメーカーは、それぞれに特徴を持っているのですがより親しまれやすい特徴を持たせるために、イメージキャラクターを持たせるなどして他社とちょっと違った企業戦略をしているウォーターサーバーのメーカーと言えばうるのんですね。
うるのんは、どんなウォーターサーバーを取り扱っているのかについて詳細を見ていきましょう。

■かかる代金
うるのんでは、取り扱っている水は天然水とRO水になっており12リットルの水のボトルを2本から月々注文することになっていて代金は3600円になっています。
RO水は更に安く2本で2770円になっています。
また、うるのんの料金の特徴としては水以外一切の料金はかからない、というところがあげられ登録料はかかりませんし配送料はもちろん、ウォーターサーバー本体のレンタル代金やメンテナンス代金もかかりません。
メンテナンスは3年に1回定期交換をしているのですがこちらもお金がかからないリーズナブルな設定になっています。
およそ、1リットル換算すると146円とかなり天然水の中では安いです。

■配送する地域について
一部の離島を除いた日本全国がすべて対象になっており、また沖縄と北海道を除いたすべてのと地域が配送料が無料になっています。
ウォーターサーバーは比較的沖縄の配送ができないところは多いのですがうるのんは沖縄の配送も可能になっているところです。

■特徴
うるのんでは、富士の天然水を使っておりバナジウムなどのミネラル成分がバランスよく含まれている物なっております。
天然水としては最高レベルの安さになっており、他の代金がかからないところも含めて非常に安価なウォーターサーバーのメーカーになっています。
また、うるのんはドラえもんがイメージキャラクターになっているというちょっと変わったウォーターサーバーで、かなり知名度も高くなってきていますね。
それぞれ富士の天然水さらりという超軟水、富士の天然水という軟水、そしてやわらか水というRO水を取り扱っています。

■まとめ
うるのんは、最近非常に台頭して来ているウォーターサーバーメーカーで知名度が高くなってきており、今はキャンペーンもあって初回の水の代金が無料になるというようなものも期間未定で行われています。
更に、健康相談などの電話も無料で行うことができるという健康医療無料相談サービスという物も実施しているところが他のウォーターサーバーとの大きな違いですね。

関連記事